納品・施工事例〜匠工房様 ご新築 東近江市K様邸①〜

2012.09.06

滋賀県にあるインテリアショップCURASU effeでは家具だけでなく、造作家具、オーダーカーテン、照明プラン等々、トータルコーディネートをお客様にご提案させて頂くことが特徴です。

今回ご紹介させて頂くお客様宅は、㈱匠工房様http://www.takumikobo.ne.jp/index.htmで新築のお客様になります。

新築のお図面が出来上がる段階からプランに参加させて頂き、ソファやTVボード等の置き家具はもちろんのこと、今回はキッチンバック収納やリビング用デスク収納、寝室のTVボード件デスクの造作家具、オーダーカーテン、和室の装飾パネルをコーディネートさせて頂きました。

今日は、置き家具とオーダーカーテンのご紹介をさせて頂きたいと思います。

上記画像のソファは幅2400以上もあるゆったりサイズのソファです。座面の表面に羽毛を施すことにより抜群の座り心地になります。

カバーも外してクリーニングすることやカバーだけの交換も可能なフルカバーリングタイプです。記事の種類もたくさんありエッフェでも人気のソファです。

K様にはダークブタウン色をお選び頂き、ドア等の建具の色に合わせて落ち着いたコーディネートになっております。記事をナチュラルテイストのものに変えると全く違った印象になります。季節によって変えて頂いても面白いかもしません。

画像には上手く写っていないのですが、リビングのカーテンはインレース仕様で素材感のある優しいレースカーテンをフラット仕上げでご提案しています。

窓枠内には少し濃い目のベージュ系のロールスクリーンを施工させて頂いており、昼間はレースカーテン1枚の優しい印象でお過ごし頂いて、夜になると奥のロールスクリーンを下ろして頂いてシックなイメージへと変わります。昼間と夜とで違ったイメージのカーテンを楽しんで頂けます。

TVボードは床材に合わせたオーク材の節ありの素材感のあるタイプをご提案しております。扉が1枚で開閉するため、閉めた状態ではシンプルでシックな印象になります。扉の格子状の箇所から赤外線が通るため、扉を閉めた状態でリモコン操作が可能です。

今日は置き家具とカーテンのご紹介をさせて頂きました。建物を建てられる匠工房様とインテリアをエッフェが担当させて頂くと、お施主様がお引越しの際にはカーテンだけでなく家具も揃った状態でトータルコーディネートされた状態でお引渡しされます。お客様の理想の暮らし方が最初からご提案させて頂くことが可能です。

本日は置き家具とカーテンのご紹介をさせて頂きました。次回は造作家具のご紹介をさせて頂きます。お楽しみに。

尚、この匠工房様のご新築物件に関するお問い合わせは㈱匠工房水口店山下様までお願い致します。

 

匠工房水口店

〒528-0036 滋賀県甲賀市水口町東名坂117

TEL 0120-651-213(お客様専用フリーダイヤル)
TEL 0748-65-1300
FAX 0748-65-1311

 

 

CATEGORY

  • EVENT (32)
  • NEWS (378)
  • 納品・施工事例 (60)
  • 新商品入荷 (55)
  • ARCHIVE

  • 2018年10月 (2)
  • 2018年8月 (1)
  • 2018年7月 (1)
  • 2018年6月 (1)
  • 2018年5月 (1)
  • 2018年3月 (2)
  • 2018年2月 (1)
  • 2018年1月 (1)
  • 2017年12月 (1)
  • 2017年11月 (1)
  • 2017年10月 (3)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (2)
  • 2017年7月 (1)
  • 2017年6月 (3)
  • 2017年5月 (5)
  • 2017年4月 (2)
  • 2017年3月 (1)
  • 2017年2月 (3)
  • 2017年1月 (2)
  • 2016年12月 (6)
  • 2016年11月 (3)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (4)
  • 2016年7月 (2)
  • 2016年6月 (3)
  • 2016年5月 (4)
  • 2016年4月 (3)
  • 2016年3月 (2)
  • 2016年2月 (5)
  • 2016年1月 (4)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (7)
  • 2015年7月 (1)
  • 2015年6月 (7)
  • 2015年5月 (1)
  • 2015年4月 (5)
  • 2015年3月 (1)
  • 2015年2月 (6)
  • 2015年1月 (2)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (4)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年9月 (4)
  • 2014年8月 (5)
  • 2014年7月 (1)
  • 2014年6月 (2)
  • 2014年5月 (5)
  • 2014年4月 (3)
  • 2014年3月 (5)
  • 2014年2月 (3)
  • 2014年1月 (4)
  • 2013年12月 (2)
  • 2013年11月 (3)
  • 2013年10月 (6)
  • 2013年9月 (5)
  • 2013年8月 (3)
  • 2013年7月 (7)
  • 2013年6月 (2)
  • 2013年5月 (5)
  • 2013年4月 (4)
  • 2013年3月 (8)
  • 2013年2月 (2)
  • 2013年1月 (4)
  • 2012年12月 (8)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (9)
  • 2012年9月 (7)
  • 2012年8月 (9)
  • 2012年7月 (9)
  • 2012年6月 (10)
  • 2012年5月 (8)
  • 2012年4月 (11)
  • 2012年3月 (3)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (8)
  • 2011年12月 (10)
  • 2011年11月 (9)
  • 2011年10月 (13)
  • 2011年9月 (10)
  • 2011年8月 (13)
  • 2011年7月 (18)
  • 2011年6月 (15)
  • 2011年5月 (25)