納品・施工事例~一枚板カウンターテーブル~

2011.08.11

先日もこのブログでご紹介した米原市にこの秋完成グランドオープン予定の【ローザンベリー多和田】様の納品に行ってまいりました。http://www.rb-tawada.com/

今回は新たにオープンされる予定のレストラン棟とカフェ棟の家具の納品になります。本日ブログでご紹介するのはカフェ棟のウインドウ沿いに納めさせて頂いた一枚板のカウンターテーブルのご紹介です。

素材は高級材料のウォルナット無垢材の一枚板を使用しました。一枚板の良さをそのまま表現するために木材のミミの部分を敢えてそのままの残しオイル塗装で木材の持つ自然な風合いを生かしております。

景色の良い窓際のカウンターに設置するためサイズは幅計4200サイズあり、カウンターチェア8脚を置くことが出来ます。窓際のウインドウは開けることが出来るので季節によっては開放感あふれる空間となります。

ナチュラル感のある建物や施設の雰囲気に合わせた素材感のあるテーブルです。

脚はスチール製の物をオーダーで製作しました。脚をスチール製にすることでテーブル全体とお部屋のイメージが和風っぽくならずに空間全体のイメージとマッチします。一枚板の無垢材の持つ素材感とスチール脚の持つモダンさ、武骨さがお部屋全体を引き締めています。

さいきんでは一般のお客様からも一枚板テーブルのお問い合わせが増えております。一枚板は2枚と同じものが無いため出会いが大切になります。エッフェではお客様のご要望に合わせて日本中よりお探しさせて頂いております。

素材やサイズ、一枚板のカタチ等ご希望があれば何なりとエッフェスタッフまでお問い合わせください。また脚の形状も上記のようなスチール脚から、天板と同素材の木製脚まで幅広くご対応しております。

ローザンベリー多和田様のご紹介はまだまだ続きます。次回もお楽しみに。