納品・コーディネート事例のご紹介〜守山市Y様邸 家具・造作家具・オーダーカーテン・照明等一式〜

2012.06.12

本日はインテリアショップエッフェにて納品・コーディネートさせて頂いたお客様宅のご紹介です。今回ご紹介させて頂く守山市のY様は住宅の建築プランとともにインテリアのご相談にエッフェにご来店くださり、建築と並行してインテリアのコーディネートのご提案をさせて頂きました。

エッフェでは家具・造作家具・オーダーカーテン・照明プラン他、一式のコーディーネートをお任せて頂き、お客様と一緒にインテリアのプランを進めさせて頂きました。

上記画像はダイニングの様子です。メイプルの無垢材を使用した天板に厚みのあるダイニングテーブルにソファのような感覚で座ることが出来るチェアを合わせさせて頂きました。全体的にナチュラル感のある空間になっているのでチェアの生地や奥に写っているロールスクリーンには主張し過ぎない色をアクセントに入れております。

上記画像はキッチンカウンター収納です。エッフェでも今、お客様からご要望の多い造作家具です。キッチンの周囲をグルリと囲うことでキッチンの手元を隠す効果と様々な物を収納することが可能です。

今回のY様邸は木目のナチュラルな仕上げにしており、モノを隠す引き出し収納とモノを魅せるオープン収納をご提案させて頂きました。ナチュラルな木の質感にチェアのグリーンが挿し色になってとても綺麗です。

上記画像はキッチンバック収納です。機能的にレンジやポット、炊飯器、ゴミ箱が置けるスペースを確保し、食器等を収納できる大容量の収納スペースを確保しました。こちらはキッチンスペースに広さと奥行き感を持たせるためにホワイトでご提案しています。

上記画像はリビングに造作家具で製作させて頂いたTV・AV収納です。壁から壁まで採寸させて頂いてオーダーにて製作しています。壁に直接据え付けて足許のスペースを開けることでイメージとして重たくならないように配慮しております。宙に浮いたようなデザインに見えるのが特徴です。

ご覧のように収納もたっぷりです。HDD、ブルーレイ、各種アンプ、ルーター類、ゲーム機等々、抜群の収納力です。

上記は玄関の下駄箱収納です。天井まである大容量の下駄箱収納を造作家具で製作致しました。足許に間接照明を配置することで足許を照らす機能的な効果と共にインテリアとしても楽しんで頂けるようになっております。横の窓も下駄箱の色に合わせてブラインドをコーディネートさせて頂いております。

最後にご紹介するのはこちらも造作家具で製作させて頂いた洗面収納です。何かと雑多なものが増える洗面・お風呂まわりのために大きめの収納を確保しました。素材も全体的なインテリアに合わせてナチュラル感のある仕上げにしております。もちろん壁掛けしてあるミラー収納も同様に造作家具で製作させて頂いております。

このあと、Y様邸にはソファ等の家具を納品させて頂く予定となっております。

このようにエッフェでは置き家具だけでなく、造作家具や照明プラン、オーダーカーテン等をトータルでのご相談にのらせて頂くことで住まいのコーディネートバランスのお手伝いをさせて頂いております。もちろんトータルでやることによって予算管理や予算配分も容易にでき、メリハリの付いたコーディネートが可能になります。

もし、インテリアのことでお困りであれば何なりとエッフェスタッフまでお問い合わせください。

CATEGORY

  • EVENT (30)
  • NEWS (374)
  • 納品・施工事例 (59)
  • 新商品入荷 (55)
  • ARCHIVE

  • 2018年5月 (1)
  • 2018年3月 (2)
  • 2018年2月 (1)
  • 2018年1月 (2)
  • 2017年12月 (1)
  • 2017年11月 (1)
  • 2017年10月 (3)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (2)
  • 2017年7月 (1)
  • 2017年6月 (3)
  • 2017年5月 (5)
  • 2017年4月 (2)
  • 2017年3月 (1)
  • 2017年2月 (3)
  • 2017年1月 (2)
  • 2016年12月 (6)
  • 2016年11月 (3)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (4)
  • 2016年7月 (2)
  • 2016年6月 (3)
  • 2016年5月 (4)
  • 2016年4月 (3)
  • 2016年3月 (2)
  • 2016年2月 (5)
  • 2016年1月 (4)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (7)
  • 2015年7月 (1)
  • 2015年6月 (7)
  • 2015年5月 (1)
  • 2015年4月 (5)
  • 2015年3月 (1)
  • 2015年2月 (6)
  • 2015年1月 (2)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (4)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年9月 (4)
  • 2014年8月 (5)
  • 2014年7月 (1)
  • 2014年6月 (2)
  • 2014年5月 (5)
  • 2014年4月 (3)
  • 2014年3月 (5)
  • 2014年2月 (3)
  • 2014年1月 (4)
  • 2013年12月 (2)
  • 2013年11月 (3)
  • 2013年10月 (6)
  • 2013年9月 (5)
  • 2013年8月 (3)
  • 2013年7月 (7)
  • 2013年6月 (2)
  • 2013年5月 (5)
  • 2013年4月 (4)
  • 2013年3月 (8)
  • 2013年2月 (2)
  • 2013年1月 (4)
  • 2012年12月 (8)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (9)
  • 2012年9月 (7)
  • 2012年8月 (9)
  • 2012年7月 (9)
  • 2012年6月 (10)
  • 2012年5月 (8)
  • 2012年4月 (11)
  • 2012年3月 (3)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (8)
  • 2011年12月 (10)
  • 2011年11月 (9)
  • 2011年10月 (13)
  • 2011年9月 (10)
  • 2011年8月 (13)
  • 2011年7月 (18)
  • 2011年6月 (15)
  • 2011年5月 (25)