オリジナルキッチンボード好評です

2020.06.13

皆様こんにちは。

7月並みの暑さが続いたかと思えば、梅雨入りした途端に

バケツをひっくり返したような雨。雨。

引き続き家で過ごす時間が増えそうですね。

 

以前もお知らせしたオリジナルキッチンボード「カロ」ですが、

店頭展示が始まって以降、多くのお客様から好評をいただいております!

先日もお客様宅への納品が完了いたしました!

9DEDC6C4-4B1C-43D0-9FCA-7069206CC029

 

おうち時間が増えるこの時季。

キッチンボードが変われば、気分も上がって、料理の腕にも縒りがかかるかも!

そんな「カロ」のおすすめポイントをご紹介します!

 

_Point 1 組合せ自由の柔軟性

0612_effe_insta02

 

ユニットパーツをお客様の必要性にあわせて組合せるので

置きたい場所に無駄なく納めることができます(フィラーやエンドパネル使用による)

 

_Point 2 パーツと素材の組合せで印象さまざま

1D4A4444

 

本体はホワイトオークとウォールナットの2種より。

取手のパーツは「真鍮」「ブラックアイアン」「ステンレスシルバー」の3種より選択可能。

ウォールナット×ブラックアイアンでマスキュリンな印象。

ホワイトオーク×真鍮はナチュラルにアンティークの要素を採り入れた印象。

ウォールナット×ステンレスシルバーはモダンライクなキッチンに。

ちょっとしたこだわりが人気のポイントです!

 

_Point 3 見た目だけじゃないスペック

3Y1A9760

 

見た目、だけじゃないんです。

引き出しのレールにはソフトクローズタイプを採用しているので

途中で手を放しても静かに閉まります。大きい音がしないので

うっかり勢いよく押しても大丈夫!

 

3Y1A9754

 

カロは決められたパーツの中から組合せを選ぶので

完全オーダーメイドよりも安く、また短納期でお届けができます。

もちろん、しっかりがっつりキッチンにこだわりたい方は

完全オーダーメイドのキッチンボードを製作することも可能です。

 

是非気になる方は、来店予約の上お越しくださいませ。

また「カロ」のパンフレットもこの度完成いたしました。

ご希望の方はお電話もしくはホームページお問い合わせから

お申し付けくださいませ。

CATEGORY

  • EVENT (55)
  • NEWS (421)
  • 納品・施工事例 (71)
  • 新商品入荷 (59)
  • FURNITURE (5)
  • INTERIOR (3)
  • ARCHIVE

  • 2020年7月 (1)
  • 2020年6月 (1)
  • 2020年5月 (3)
  • 2020年4月 (2)
  • 2020年3月 (2)
  • 2020年2月 (2)
  • 2020年1月 (3)
  • 2019年12月 (5)
  • 2019年11月 (1)
  • 2019年9月 (1)
  • 2019年8月 (1)
  • 2019年7月 (2)
  • 2019年6月 (2)
  • 2019年4月 (5)
  • 2019年3月 (2)
  • 2019年2月 (1)
  • 2019年1月 (1)
  • 2018年12月 (4)
  • 2018年11月 (5)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年8月 (1)
  • 2018年7月 (1)
  • 2018年6月 (1)
  • 2018年5月 (1)
  • 2018年3月 (2)
  • 2018年2月 (1)
  • 2018年1月 (1)
  • 2017年12月 (1)
  • 2017年11月 (1)
  • 2017年10月 (3)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (2)
  • 2017年7月 (1)
  • 2017年6月 (3)
  • 2017年5月 (5)
  • 2017年4月 (2)
  • 2017年3月 (1)
  • 2017年2月 (3)
  • 2017年1月 (2)
  • 2016年12月 (6)
  • 2016年11月 (3)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (4)
  • 2016年7月 (2)
  • 2016年6月 (3)
  • 2016年5月 (4)
  • 2016年4月 (3)
  • 2016年3月 (2)
  • 2016年2月 (5)
  • 2016年1月 (4)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (7)
  • 2015年7月 (1)
  • 2015年6月 (7)
  • 2015年5月 (1)
  • 2015年4月 (5)
  • 2015年3月 (1)
  • 2015年2月 (6)
  • 2015年1月 (2)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (4)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年9月 (4)
  • 2014年8月 (5)
  • 2014年7月 (1)
  • 2014年6月 (2)
  • 2014年5月 (5)
  • 2014年4月 (3)
  • 2014年3月 (5)
  • 2014年2月 (3)
  • 2014年1月 (4)
  • 2013年12月 (2)
  • 2013年11月 (3)
  • 2013年10月 (6)
  • 2013年9月 (5)
  • 2013年8月 (3)
  • 2013年7月 (7)
  • 2013年6月 (2)
  • 2013年5月 (5)
  • 2013年4月 (4)
  • 2013年3月 (8)
  • 2013年2月 (2)
  • 2013年1月 (4)
  • 2012年12月 (8)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (9)
  • 2012年9月 (7)
  • 2012年8月 (9)
  • 2012年7月 (9)
  • 2012年6月 (10)
  • 2012年5月 (8)
  • 2012年4月 (11)
  • 2012年3月 (3)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (8)
  • 2011年12月 (10)
  • 2011年11月 (9)
  • 2011年10月 (13)
  • 2011年9月 (10)
  • 2011年8月 (13)
  • 2011年7月 (18)
  • 2011年6月 (15)
  • 2011年5月 (25)